建設業申告センター

建設業の申告ならお任せ下さい。

トップイメージ

建設業に非常に詳しい税理士事務所

  • 会社設立をすれば、利益が無くても住民税がかかるのですか?
  • 職人を外注から雇用に切り替えた時の社会保険の半分を会社が支払いますが、職人も手取りが少なくなると言って不満を漏らします。本当に職人は損をするのですか?
  • どのような状態になれば、会社設立をした方がお得ですか?
  • 建具工事業をしています。今年会社を設立したのですが、役員給与が足りません。一旦決めた役員給与を変えていいですか?
  • 足場屋をしています。決算期はいつにすればいいですか?
  • 解体工事業をしています。会社設立後の役員給与はいくらにすればいいですか?
  • 日給月給で基礎算定より、大きく増減する場合は、毎月変動届を出すのですか?
  • 個人事業主として建設業組合で労働保険に入っています。会社を設立したらこの労働保険はどうすればいいですか?
  • 大工です。19歳から25歳まで親方について給与者として働きました。その後独立し、36歳です。建設許可を取れますか?建築一式もほしいですが取れますか?
  • 防水の許可を持っています。管工事の許可を追加したいのですが、許可の追加はどうのような条件が追加されますか?
  • トビの許可を取るのに有利な資格があれば教えて下さい!

建設業の許可を持っている個人事業が会社を設立した場合の建設業の許可はどうなるのかをご説明いたします。

そのお悩み、建設業申告センターが解決いたします!

建設業申告センターでは、、一人親方から従業員が15人までの建設業さんをたくさん支援させて頂いております。
一人親方では、20歳前後で建設業に従事し、30歳前に独立されます。
そして、40歳前後で株式会社の設立をされている方が多いようです。
そのため、30歳から40歳で、技術要件を見たし建設業の許可を取って大きく成長されておられます。
建設業でお仕事をされている以上、、建設業の許可と経審(経営審査事項)で入札に参加するということは、仕事を取ってくる上でとても重要です。
建設業申告センターでは、建設業の税務申告と許可、経審は切っても切り離せない手続きですので、連動して手続きをしております。
また、、公共事業の現場に入るには社会保険の加入が厳しくなってきていることから、会社設立、社会保険の加入、労働保険の支払についてもサポートさせて頂いております。
税務申告、会社設立、社会保険、労働保険、建設業の許可、経審等々、お気軽にご相談下さい。

当社の強み

当社では決算変更届経営事項審査(経審)の際に必要な会計決算について、建設会社様のご希望に添えるよう、決算を組み立てていきます。

当社でも記帳入力が可能ですので、専門的な事務従業員を雇用されているという感覚で、建設業を中心の柱としている当社にお任せいただく方が、コスト面だけでなく、決算変更届や経営事項審査(経審)の際の質(点数)の面でもお役に立つことができます。

当社のご紹介

当社では、公認会計士等を揃え建設事業者様の会計処理及び決算を組み、又は建設業を専門とする行政書士が建設事業者様をサポートいたします。会計決算と建設業の許可申請をはじめ、経審シミュレーション分析から入札参加の手続き産業廃棄物の収集運搬業許可申請にいたるまで、多彩なテクニックと豊富な資料を揃え、お客様のご用命に的確に、かつ迅速にお応えできるよう諸般の準備を整えております。

お客様のターゲットを建設会社様中心にすることにより、建設業法のスペシャリストとして実務知識と実務経験を日々獲得し続けております。


その他、事業継承対策など、建設業のお悩みをお聞かせください!

代表社員
公認会計士・税理士 宇佐美孝二
昭和48年4月9日生

建設業に関する税務・会計に関わるお悩みはもちろん、当センターでは建設業の事業にかかわるさまざまなご相談を受けております。

建設業バックアップ

まずは当社にご相談ください。
電話・メールによる相談料は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
ご要望であれば、こちらからご訪問いたします。